矢祭の、「12月16日どようび、晴れ。」

第4回目の「○月×日」です。
→ 「やまつりの○月×日」とは?
前回3回目が11月の初めでしたから1か月以上間が空きました。
師走の忙しさの中で、どのくらい写真が集まるのかなあとちょっと心配していましたし、私自身写真をまとめられるかなあとも思っていました。
これまで参加してくださった方たちに、「やりますよー」と声をかけた時の反応のよさにホッとして。
中には「何が撮れるか今から考えてるよ~」とお返事を下さったり。お友達に声をかけてくださった方も。
矢祭に暮らす人たちの温かさに、私自身が触れた回となりました。

さて、1回目2回目3回目は秋の矢祭が舞台となりましたが、季節が廻り矢祭にも冬がやってきました。

冬とはいえ、例年に比べたらまだ温かい矢祭。
遠方の方にとっては「東北の冬」というだけことで、「雪深いんでしょう?」「一晩に何十cmも降るんでしょう?」というイメージがあるかもしれませんね。
が、矢祭は冬ほとんど雪が降りません。
どちらかというと冬晴れが続くことの方が多いです。
そのせいもあって、冬は星空が本当にきれい。
でも逆に、放射冷却で朝晩はキーンと底冷えします。
そんな、ここで暮らす私たちにとっては「当たり前」と思うようなことが、もしかしたらこの○月×日をご覧になる矢祭をよく知らないという方には新鮮な驚きかもしれませんね。

というわけで、今回の「○月×日」です。
今回は、30人、66枚の写真が集まりました。
町内のあちこちの子供会、それに矢祭小学校児童クラブ(学童保育)ではクリスマス会が行われたようです。
それぞれ趣向を凝らして楽しいひとときとなった様子。
子どもたちの表情が映し出されている写真もありますが、子供たちの「作品」も数々登場するのが今回の特徴でしょうか。

空の色も日差しの色も冬の色。
少しずつめぐる矢祭の季節を、感じていただければ嬉しいです。

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。